音楽関係

【親子連弾】レッスンの様子№3

親子連弾のレッスンがありました。

私たちのコンクールの出場は、1ヶ月以上ありますが、他の生徒さんたちは、これからが本番。先生も緊張感があふれ出ていました。

今週は、子どもとの合わせが全然できませんでした。よって、また合わない箇所がでてきました。

【親子連弾】レッスンの様子№1先日、親子連弾のレッスンがありました。 前より進歩したところ。また、新たな課題がありますので報告します。 https://i...
【親子連弾】レッスンの様子№2親子連弾のレッスンがありました。 今回は、二人のやりたい音楽が見えてきたと言われました。 前より進歩したところ。また、新たな...

 

【親子連弾】リハーサルに向けての注意点

最初のテンポの揺らし方を定めていく

私としては、工夫したと思っていた最初のテンポの揺らし方ですが、先生にも子どもにも不評でした。

先生からは、揺らし方を定めていくように言われました。

これから弾き合わせに向けて私は猛練習です。

二人の練習時間を多くしていく

ヘッドフォンを購入し、二人の練習時間を増やすよう言われました。

私も子どもと合わせたいのだけど、なかなか時間が合わない。

弾き合わせまであと数日しかないので、どうにか時間を見つけて合わせます。

次の課題

最初のテンポの揺らし方を定める

まず、私が定めます。歌い方を定めないといけませんね。

 

親の暗譜

3ページ目 プリモのオブリガード ばかりを練習していたら、1ページ目の最後の伴奏部分があやふやになっていきました。

オブリガードのところは、油断すると、私がいらないパフォーマンスをするので、ちょうどよい感じに仕上げていこうと思います。

2ページ目の最初と3ページ目の最後の部分が混同してきました。自分なりに楽譜の解釈をして、憶えようと思います。

今週のまとめ

やはり保護者の暗譜

ここが暗譜できたかと思ったら、違うところを忘れている。これを繰り返しながら、憶えていくのかな。と思う。

テクニック的な箇所

55小節目左手&84小節目左手:ときどき最高の出来にならないときあり

まだまだ今週も最高の出来にするため練習します。

 

二人の練習時間を増やしていく

これは最大の課題です。子どもに気を配りながら、体調に気をつけながら、二人の時間を増やしていこうと思います。